どうなることか。。心に響け!Goodな道具!【雑貨屋じん太】
色んな雑貨を広く浅く紹介して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワタニ・ジュニアガスバーナーは使えるか? シングルバーナーの使い勝手。。
毎度のお越し有難うございます。
アウトドアシーズンへ突入です。
今回は、そんなアウトドアで絶対に役立つシングルバーナーをご紹介します。

シングルバーナー、色んなものが出ていますが、知れたメーカー品のなかでは、
このジュニアバーナーが一番安く手に入るバーナーでしょうね。
この手のもので安いものは、得てして性能や使い勝手が悪いと思いがちですが、
さてこのバーナーはどうでしょうか?

先ずはパッケージを見てみましょう。





こりゃぁ小さい。
パッケージサイズもガス付でこのサイズ。



性能はというと。。

収納サイズはインスタントコーヒーの小瓶程度の大きさ。
ケースがついていて、折りたたんで入っています。
重量は265gと表示があります。
カセットガスJrで、45分の燃焼時間。結構凝った料理でも、このガス缶でOKですね。
火力は2300kcal/h。
キャンピングガスを使用したものでも2700kcal/hですから、
ガス缶形状による性能の差だと思えば、このサイズ・価格では満足な性能ではないでしょうか?
材質もアルミにステン。海で使うにも、錆をあまり心配せずに使えそうです。
錆びに関しては、実際に使ってみないとホントのところは分かりませんが。。

さて中身はというと。。



付属のカセットガスJr.とケース入りバーナー。 うん、これは小さい。
フタをあけると。。



ホント小さい。。 これがバーナーか。。



しかし上手く折りたたまれていますなぁ。。
分解せずに、全て折りたたまれた状態ですので、これを広げていくだけです。
取り説はもちろんありますが、見なくても広げていけそうです。



広げたサイズはこんな感じですね。
意外と安定しています。3本足ですが、安定性はこのサイズにしては抜群だと思います。

組立の詳細は後へまわすとして。。。
私が釣行時にコーヒーなどを沸かして飲むとき、ちょっと大きめのステンレスカップを、

ガスランタンの傘を外して直接使ってましたので、そのコップをこのバーナーに載せてみることに。。



ゴトクは段々にキザミが付いていて、その部分に鍋などの外周が引っ掛かるようにできています。ですから、鍋がずれたりせずに安定して載せられそうです。しかし、このコップは小さすぎます。
なんとか乗っかりますが、注意が必要です。
バーナーサイズが小さいので、このコップでも、炎はちゃんとコップの底で捉えられますので、効率は良さそうですね。

んじゃ、次はこれから現場で温かいものを食べるための鍋を載せてみますよ。
100円均一で買ってきたステンレス鍋。


この鍋、本体と柄のバランスが悪いこともありますが、からの状態ですと、載せる方向によって上手く座りません。柄をゴトクのある方向へ持っていくと安定します。



ほら、こんな感じ。。
でも、実際は、鍋に水も入れますし、このサイズなら問題なく使えるでしょう。
見て分かりますが、左にゴトクが見えていますね。まだ余裕があるのが分かります。

携帯ガスコンロは全てそうですが、ガスカートリッジを覆うような大きなサイズの調理器具をのせると、その調理器具の輻射熱によってガスカートリッジが熱せられ、最悪は爆発なんてことにもなりかねません。この辺のところは、使う側で十分に注意が必要な部分です。

話を戻しますね。
私はガスランタンの傘を外して、パソコンなどの冷却ファンのガードを乗せ、その上にステンレスカップでお湯を沸かしていました。(これからの時期ですとこのシステムでは火力が足らず、沸騰しません)。なので、このファンガードを使うのがやっぱり安定して良さそうです。
とは言っても、不安定なのは調理器具だけで、ガスバーナーは安定してます。
しっかりしてますね~。感心します。




ほらこんな感じ。。
これなら安心です。



鍋も安定しております。
これお薦めですよ。古いPC何かにはついてるんですけどね。皆さん手に入りますかね。
なけれは、100円均一に、小さめの もち焼き網がうってますから、それを買うといいですよ。
ステンのカップをそのまま掛けるなら、このアタッチメントは必要だと思います。



ガスの取りつけはこんな感じ。。

ガス取り付け口にある樹脂、この一部にガス缶にある切り込みに、ちょうど入り込む突起が付いています。この突起とガス缶の溝をあわせて、ガス缶をバーナーに差し込んで右に回すだけ。。



樹脂の突起がバーナーの中央にまで回した部分で止まります。ただただこれだけ。。
ワンタッチですね。使い勝手もいいんじゃないですか、これ。。

いやぁ、よく出来てますなぁ。これ。。
組立と収納方法は次回ということで。。
今回はここまで。

でも、3000円という価格で、この性能です。十分な性能だと思いますね。








価格は、ざっと調べてみて、¥3,000が底。Amazonなら送料が掛かりませんが、Amazonに出展しているネット販売店では送料がかかります。送料はまちまちですが、平均して¥600円ほど。。
楽天では、最初に紹介しています<シティーネット>さんが一番お安いかとおもいます。
こちらで¥3,180(送料別)です。
私が購入したのはこの<シティーネット>、月曜日の夜中に注文したら、火曜日に発送、水曜日に到着というスピード発送。
安心した買物でした。

前回は、ざっと外見から収納ケースなど、見た目のレポートでしたが、今回はセットから収納までの詳細と、各部の構造など見ていきますかぁ。。

先ずは、足の組立です。
組立前はこんな感じ。。





足は3本足。しっかりとした厚みと手ごたえのある足です。強度的には問題ないものだと思います。
それに、摺動部ですから、使っている間にぐら付き出る可能性がありますよね。この足、プラスねじで固定されているので、緩めば締め付けてメンテできます。ハトメでカシメただけの構造でないのは、ありがたいです。

先ずは1本1本真下に伸ばします。



全てのばして。。



再び1本1本正規の位置まで開いていきます。
この写真を見ても、足の厚みから結構な強度が想像していただけると思います。


続いてゴトクの組立です。
ゴトクは4ほんの折りたたみ式。
残念ながらこの部分はハトメ式です。風防にハトメ固定ですから、熱で変形したり、摺動具合が変ったりしてしまうため、ハトメのほうがいいかも知れません。

足で立てた状態から、一本一本広げていきます。



最後の一本は、一つ前に出したゴトクを一度持ち上げてから広げます。



ガス缶は、イワタニカセットガスJr.とレギュラー缶が使えます。
Jr.缶で45分の調理が可能。ロング缶は手に入りやすいですが、持ち運びはJr.缶が抜群ですよね。
ガス取り付け部の樹脂部分に突起があります。ガス管の切込みをこの突起にあわせて押し込み、時計回転方向へ10分ほど回すだけです。
めちゃめちゃ簡単。

3本の足はこの通り、ガス缶をよけて立つように、一本だけ変形しています。
このガス缶が、足と足の間に来るようにすれば、このような変形は必要ありませんが、せっかくの3本足の利点が損なわれます。
その辺を狙って故意にこのような形になっているのかと思われます。





ガス缶が取りつくとこんな感じです。



裏から見たところ。。
ガス缶を取りつけはしっかりしています。
この状態で、バーナー部を持って移動しても、ガス缶はしっかり付いてきます。
決して外れたりするような感じはありませんし、心配するような力はかかっていないように思います。
逆に、ガス缶を持ってのバーナーに対する強度も同じです。



Jr.缶を付けて、安定性を見てみますと、机の上では全くガタツキがありません。
恐らく、数を見ればがたつくものがあるはずですが、さほど問題になるものになる気配はありません。
この場合も、ガス缶取り付け部は少し浮いたような形になっています。
この当りも、ガス缶の側面が稜として床面に接触し、せっかくの3本足による安定性を損なわないよう、故意に浮かせてある可能性もあります。



それでは各部をアップでご紹介いたします。
先ずはバーナー部です。


超小型バーナー。このバーナーよく出来ています。小型ながら強力な火を放ちます。
しかし、小さい火から中火ぐらいまでは、すべてのガス穴から火がでていますが、ガスを多くするとが外周部の一部のガス穴は、火が消えています。空気の混合量の調整が出来ないのが問題なのでしょう。
まぁ、この価格ですから諦めも付きますし、この状態でカタログスペックを満足しているはずですから。。

レギュレーターからイグナイタースイッチ部のアップをどうぞ。


イグナイタースイッチから点火部まで、外からの外圧を防ぐためのカバーが付いているのが分かりますか?細かいところまで工夫されていますね。
イグナイタースイッチを押すと、得てして不安定になるものですが、この配置は親指でスイッチ、人差し指でスイッチの反対側をささえるので、スイッチを挟み込むように捜査できます。安定性は抜群です。小さく軽い本体を動かすことなく点火が可能です。
また、ガス調整用のつまみも、かなり微調整が効く構造になっています。
野外ではそれほどとろ火など使えそうにありませんが、風を上手く防ぐことが出来れば、保温といった小技も使える可能性のあるとろ火も使えると思います。
ただ、残念なことに、このサイズから起こる、局部的な加熱は、火力を必要とする時に、鍋の一部だけを瞬間的に熱するので、焦げ付きの原因にはなりそうです。ただただ攪拌あるのみ。。
サイズを取るか、使い勝手をとるか。。そんな相反するところですね。
ソロキャンプの小さい調理器具やお湯を沸かすだけなら、全く問題はないでしょう。






今回もちょっと背景が荒れてますが、見てみぬふりでお願いします。m(_ _)m
これで中火ですね。普通ならこれで大丈夫。
結構な炎ですよね。バーナーの天面がふらっとなので、炎の広がりはほとんどありません。
まさしくバーナーです。 

問題は弱火。弱火は保温や小さいステンレスコップなどを自火に掛けるときなど、重宝する機能ですので、どれだけ簡単に弱火をコントロールできるかとうことが重要だと思います。

で、これが弱火。



もっと弱くもできますが、野外は風がありますので、風で消えてしまうほどは絞って使うことは少ないでしょう。
このバーナーは、バーナーの周りに、ほぼバーナー面と同じ高さまでを覆うように風防が付いています。ちょっとしたことですが、この風防はかなり有効に働いていると思います。

ゴトクもよく出来たもので、写真を見ていただいて分かるように、ギザギザが付いていますよね。
クッカーなどを載せたとき、底がこの溝に上手く引っ掛かるんですよ。ゴトクの上での安定性は、かなりいいものですよ。

それでは強火をみてみますかぁ。



こんなに強火で使うことは無いんじゃないですかね。
空焚きなんてしたら、鍋のそこが真っ赤になっちゃいますぞ。。ご注意あれ。

やっぱり、バーナーなですね。名前は伊達ではありません。

火力は申し分ありません。もちろんバーナーの特性も抜群です。
着火もスムーズです。イグナイターの性能も問題なし。
やはり、摘むようにして操作するので、バーナーを動かさないで着火可能です。


さてさて、ここまでいいことばっかり書いてきましたが、出来の悪いところも書かないとね。

ゴトクの収納をみてみます。





ほらどこにも当たらないから、ゴトクは最後まで閉じることができますが、
このゴトク、広げるときに問題が出ます。
固定方法がハトメ方式で、半カシメですのでゴトクはほぼフリーに動けます。
中途半端に開いた状態にはできず、バーナーを持ち上げてひっくり返すとゴトクがぐらぐらに動いて元に戻っちゃう場合もあります。
問題はそこ。。


ほら、ガス缶接続部に当たります。
この反対側にあるつまみも問題です。



こうやると摘みのシャフト部へ入り込みますが、樹脂のツマミにも当たります。
ゴトクはぐらぐらですから、下手すると衝撃を持ってこのつまみに衝突します。
一度や二度なら問題ないでしょうが、度重なると樹脂が割れたり、シャフトに影響が出たりする可能性もあります。
反対側のガス缶取り付け部も同様ですね。

また、ケースに入れて持ち歩くとき、ガタガタと振動する車の中では、この部分へ負担が掛かって傷が思わぬ破損に繋がる場合も考えられます。
長距離を持ち歩くなら、本体に一枚布を巻いてからゴトクを折りたたむか、
ゴトクに何かスリーブ上のものをかぶせて、衝撃を吸収するような形を取った方がいいのかも知れません。

あと、このレギュレーターの摘みですね。これは樹脂です。
他社のものは、アウトドアを意識してか、ほとんどが金属製のフックのようなものを使っています。
他社のものはこの構造で、つまみさえも折りたたんでしまえるようにもなっていそうです。
樹脂製のつまみは、もちろんそれだけでも操作性に優れています。
ハードケースに入ることから、折りたたみを考えることもありません。
でも衝撃による破損や、樹脂の経年変化による破損だけが心配されます。

う~ん、悪いところを探してみますが、あまり思いつきませんね。
総合すると、この値段でこの性能。間違いなく買いの一品だと思います。
これ一つあるのとないのでは、遊びに大きな違いが出来そうです。
もちろん、あってはなりませんが、災害など非常には、
間違いなくその威力を発揮してくれるはずです。
このバーナーは、バナー本体にカセットガスJr.が1本ついてきますので、買ってすぐに使えます。
もし、災害時の避難用機器にされるなら、買ったままの箱ごと、災害袋や非難用品の中に入れておくと、最悪は45分間のバーナーが使えることになります。



このサイズのまま収納して置けますから、非常に便利ですよ。


次回はフィールドテストです。また外では使ってないので、もし本当にこのバーナーの購入をお考えの方は、それを待ってどれにするか決めたほうがいいかも知れませんよ。




【楽天からのご紹介】
ここでご紹介したバーナーは楽天のここから購入したものです。
月曜日の夜中に注文して、火曜発送の水曜着。滅茶苦茶早いですよ。








【Amazonからのご紹介】
スポンサーサイト


フリーエリア

tabaニャン時計

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。