どうなることか。。心に響け!Goodな道具!【雑貨屋じん太】
色んな雑貨を広く浅く紹介して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生け垣の剪定、植木の剪定、今がシーズン。。かも?
この時期、夏に向けて植え木は勢いがついて。。
ホントに元気いっぱい、あっちこっちへ伸びて伸びて。。

庭を見ると、好き放題にやってる生け垣が目につく。。
ホントにあっちこっちへ枝を伸ばして、元気いっぱい。。

夏の暑い時期に向けて、チョッと剪定を。。なんて考えない?
植木の種類にもよると思うけど、この元気な時期に、思い切って切り詰めて見てはどうだろうか?
少し切り詰め気味でも、ノビノビの元気を復活に使って、夏の熱い季節には、
丁度いい加減になっていると。。

そんなこんなで、我が家の生け垣は、この日曜日に選定実行。。
脚立にヘッジトリマー、でバリバリバリ。。



こんな具合になりました。
背の高い木なので、高枝切りバサミも必需品。。
もう大変です。


剪定する木のしたには、ブルーシートを敷き詰めて、延長コードを引っ張りまわして電気を確保。。
ヘッジトリマーは、長いとバランスが悪いので疲れます。短いと作業効率が悪い。。
なかなか選択が難しい。。
でも、このヘッジトリマーは必需品ですよ。。これがないとホントに大変。。
剪定ばさみも使いますが、機械の入らない狭いところや、細かい小細工の必要なところだけ。。
後はバリバリバリっと一気にやってしまいます。

このヘッジトリマー。。刃のカバーなんてなくて、10mmぐらいの枝まで切れちゃいますから、
扱いには十分に注意が必要です。指なんて、なんなくちょん切れちゃいますから、ホントに注意してね。。
刃の長さはいろんなものがあります。
先にも書きましたが、あまりなが過ぎると、重くて長い時間の作業が難しく、脚立の上での作業や、
片手でもう少し遠く剪定をしたい。。なんて時には、すごく危ないので注意が必要。。
短いともちやすくて作業はしやすいけど、まとめて切れる量が少なくなるので、作業時間が長くなる。。
ご自分の力と、作業の範囲など。。いろんなことを考え合わせて選んでくださいね。

ちなみに私が使っているのは、400mmというタイプ。。
刃の長さが40cmあるものです。
私にはこれがいっぱいいっぱいです。
高級で高いものには、軽く作られている物もありますが、得てしてこういう物は、
重たいものが丈夫で壊れにくいように思います。
軽く作ることにおもきをおいた道具より、パワーやバランス。。
そういうものに頭を使った道具がいいかと思いますよ。

あっ、それからね、石やごみなどがなければ、草刈にも使えます。注意が必要ですが。。
芝刈りにもなんとか使えると思いますよ。。
保護メガネを忘れずにね。。

ヘッジトリマーで、あらかた刈り終わったら、剪定ばさみで細かいところを修正修正。。
ぴょよ~んと跳ね上がった枝とか、木の下にもぐりこんでる枝なんかをチョキチョキ。。
その後は脚立からも届かない高い場所。。
コイツは高枝切りバサミ外力を発揮します。

すべて終わったら、庭木ならチョッと掃除を念入りに。。
切り終えた枝などが木に付いたままだと、変に病気になったり、
枯れた枝が見栄えをわるくしますからね。。
だから、ブロワーでビュンビュン吹き飛ばして。。
ブロワーは、最後の最後。。庭木の下の葉っぱなどを整理するにも便利です。

さぁ、きれいになりましたね。
最後は竹箒で、剪定した枝をキレイに纏めましょ。。
粉砕機で粉々にするもよし、このままゴミとして、まとめてだすもよし。。
庭で乾燥して、焼却するもよし。。


ちなみに私、この後自分の頭も剪定してしまいました。。( ゚д゚)ポカーン








































































































スポンサーサイト


フリーエリア

tabaニャン時計

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。